googlef9d8df8cdc93a37f.html

あなたは何ベクレルの食品まで許容しますか?2016年10月22日

今日は、なんだかモヤモヤして仕方ないことを吐露します。

先日、知人から伊豆で捕獲されたシカ肉をいただきました。

測定して1Kg辺り9.54Bq(誤差0.82Bq)検出となりました。
http://sycrms-ito.asablo.jp/blog/img/2016/10/19/446d4c.jpg

伊東市の会員様より、自分の畑の罠にかかった別のシカ肉は2.72Bq/kgだったので、今回のものはより高いなあ・・・と思っていたら。

同居の家族が、残りのシカ肉を焼いて食べてしまいました。
正直、ギョッとしました。というか・・・そこからモヤモヤが始まりました。

私は、放射能汚染された食品をどこまで許容して食べるかは、個人で決めればよいと思っています。
そう思って、いろいろな方と話をしてきました。
ところが今回の出来事で、引っ越してきてから同居することになった家族と、放射能についてや、内部被ばくについての話をしていなかったことに気付かされることになりました。

もちろん、静岡ローカルTVのニュースなどで浜岡原発がらみの内容が報道されたり、関電が「原子力発電とのベストミックス」などとふざけたCMが放映された時などはコメント的に話をしてはきました。
でも、大系的に話していなかった。
なぜ話さなかったか。
もともと、この家で住んでいる生活パターンを、私たち家族が合流することで乱してしまうなぁ、という遠慮とか、食事の支度は私がするから、まあいっか!と安易に考えていた事がベースにあったと思います。

あ~あ。

家族が体調を崩したりなんかしたら、家庭の空気が重くもなるし、暗くもなります。それがちょっと風邪ひいたとか、頭が痛いくらいなら、、そこそこ回復の見通しも立ちますし、大事には捉えないですが・・・。
視力が落ちたとか、皮膚疾患が長引いているとか、疲れやすくなっていつも生気がないとかになると、「放射能の影響では?」なんて考えてしまう時もあるのです。

横須賀基地に配備された原子力空母ロナルドレーガンが、3.11の時のトモダチ作戦に参加しました。
その乗組員の健康被害の状況などを知ったことにより、被ばく量は比較にはならないとは思いますが、身近な家族の健康状態の変化も、それに似てはいないかなどを気にして見ています。
(最下段に関連リンク貼りました)


この考え方は、川崎市に住んでいた時も。伊東市に住み始めた今も変わっていません。
家族の健康を守りたいと思っているので、いろいろな角度からのリスク回避を心掛けています。

でもね・・・。
一人でやってもダメなんですよね。
意識の共有。大切なんです。

あまり放射能被ばくについて関心の無かった方にも、解りやすく発信できるように、家族で練習させてもらおうと思います。

押し付けにならない被ばく防御の知恵の発信。

家族だけでなく、地域の方々にも機会あるごとに伝えたいことです。

そんなことを思っていたら、放射能防御についてのお話会の機会をいくつかいただきました。
子育て母さん目線で測定値という事実をもとに、「今をどう生きてこれから何を選択するのか」を参加された方とディスカッションできたらと思っています。
知らないことがたくさんある私が、もう少し多くを知らない方へ伝えられること。
少~しすこし、共有していけたらいいな。

全ての人とコミュニケーションを続けること。
そのことが、私にとっても知識の吸収に大切なことだと思います。

さあ、今日も一日頑張りましょう!
OH! (^_^)/


≪関連リンク≫
ロナルドレーガン乗組員の健康被害について知りたい方は、ジャーナリスト小石勝朗さんのウェブマガジンのリンクはこちら。
http://www.magazine9.jp/article/hourouki/19538/
この乗組員さんたちの救済のために、小泉・細川元総理たちが基金を設立されましたね。
http://www.jsbank.co.jp/38/tomodachi_kikin.html

ところで、日本人はどうやって3.11事故の被ばくとの因果関係を証明したらよいのでしょうね・・・。

コメント

トラックバック