googlef9d8df8cdc93a37f.html

今日はみかん箱文庫でのおはなし会でした2016年11月28日


こんにちは。

今日(11/28)に、みかん箱文庫で開催された放射能おはなし会は盛会となりました。

9名の方々がご参加くださいました。
伊東市民だけでなく、神奈川県や下田市・南伊豆町からも来てくださいました。

前回おはなし会を企画してくださった自然食品店「れもんの木」さんも告知を手伝ってくださり、地域の連携をとてもありがたく思いました。

初めは手探りでスタートしたのですが、固くなりがちな私の話を、うまーくみかん箱のムロさんがほぐしてくれて、参加した方の知りたいことなどを引き出してくれました。
やはり、直接会って、生でお話しする大切さを感じました。

もう一人、体の調子を整える食事のお話をしてくれた、子どもたちを放射能から守る伊豆の会の安部川さんも、日常食の改善でできるデトックスや、日々の食事に取り入れたい食材の紹介など、実践しやすい内容をお話ししてくださいました。

次回開催時のアイディアなどのご意見も聞けました。
次回の開催時には、それぞれが聞きたいことを、あらかじめお知らせいただき、それに対する情報を提示しながら、意見を出し合っていくなど、開催回数が増えるごとに、充実しそうな予感がします。

参加者のおひとりが、被ばくについての話と並行して、選挙や原発再稼働についての大きな視点での話も織り交ぜたいという、何とも全体のバランスをとるような希望も出て、次につながる初回となりました。

自分の住む地域で、堅苦しくない、放射能のおはなし会を主催してくださったみかん箱文庫さんに、心から感謝しています。

次回開催を楽しみにしています。

みかん箱文庫のムロさんのこの言葉、とても印象に残りました。
「おとなの責任として、自分の思いを行動に移すことが必要だと思います。」

本当にそうですね。
思っているだけでは、望む未来は実現しないのですから。

さあ、明日からもまたがんばって、大人の一歩を歩んでいきましょ!

「絵本カフェ みかん箱文庫」HPはこちら
http://cafe-mikan.jp/

コメント

トラックバック